このサイトはプレミア・リーグのアストン・ヴィラ(Aston Villa)のファンサイトです

Bookmark and Share
SITE MAP
SITE INFO
CONTACT
Sorry, this site is mainly in Japanese

クラブの主な歴史

アストン・ヴィラが創設されたのは世界最古のサッカー・リーグであるフットボール・リーグが始まった1988年より前の1874年3月。ジャック・ヒューズ、フレデリック・マシューズ、ウォルター・プライスとウィリアム・スキャッターグッドの4人により創設された。
そしてヴィラが初試合を行った相手はアストン・ブルック・ストリート・メアリーのラグビー・チーム。試合は相手がラグビーチームだった事もあり前半がラグビのルール、後半にサッカーと変則なルールのもと行われた。
アストン・ヴィラの初タイトルは1880年の地域のカップ戦のバーミンガム・シニア・カップをキャプテンのジョージ・ラムジーのもと獲得。

チームカラーであるエンジとスカイブルーが正式に決まったのは1986年11月8日の会議で当時はエンジではなくチョコレート色と議事録に明記されているが後にエンジ(claret)に変更されている。なお、チーム創設当初は全身白、青と黒、赤と青や緑等決まったカラーはなかった模様。

1988年ヴィラの経営陣だったウィリアム・マクレガーによって考案された世界最古のフットボール・リーグに他の11チームとともに参加。
フットボール・リーグで初めてタイトルをとったのは6シーズン目の1893−94シーズン。その後も1895−96、1896−ー97、1898−99、1899−00とタイトルを獲得し好調を維持。1896−97シーズンにはFAカップと2冠を達成する等ヴィクトリア王朝時代に最も成功したクラブとなる。
また、1897年には現在のホームグランドであるヴィラ・パークが建設される。建設当時はアストン・ローワー・グランドと呼ばれていて最初からチームが所有していた訳でなかった。

1909−10シーズンにリーグ制覇。しかしこの優勝を最後にカップ戦での優勝はある物の次にリーグを制すまでかなりの時間がかかる事となる。

1936−37シーズンにチームは2部へ降格してしまう。しかし翌年2部で優勝し1年で1部への復帰を果たす。

1966−67シーズンに再び2部へ降格、その後2部で戦うも1969−70シーズンにはなんと3部へと降格。1971−72に3部を制し2部へ昇格。1974−75シーズン2部で2位となり念願の1部復帰を果たす。

1980−81シーズンに1909−10シーズン以来となる1部での優勝を飾るとチャンピオンズ・カップ(現チャンピオンズ・リーグ)を制覇。1982年12月にトヨタ・カップで来日するも南米王者のペニャロールに2−0で破れ世界一とはいかなかった。

1986−87シーズンに三度目の2部へ降格するも翌年復帰。

1992−93にプロサッカー・リーグの改編に伴いリーグから分離し新設されたプレミア・リーグへ参加。初年度はマンチェッスター・ユナイテッドに続いて2位でシーズンを終える。

1994、1996年にリーグ・カップを制すもリーグで目立った存在にはなれなかったが現オーナーのランディー・ターナーがオーナーを努めてからは徐々にチーム力も上がるもマーティン・オニール監督が高額になった選手を手放すチーム方針との相違から辞任した2010−11シーズンは不調に終わってしまう。